読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Xamppインストール直後の初期設定!

Xamppインストール直後の初期設定!

2016-08-27: Xampp ver3.2.2でチェック済み

Xamppをインストールしたら直後にやっておくべき(面倒な)初期設定が複数あります。
今回の記事ではその初期設定を一通り纏めます。

なお、以下の設定ではxamppの一部ファイルを書き換えますが、勿論バックアップは常識です!
忘れないように

なお、3.以降の説明は全て「基礎からのMySQL」を参考にしました。
  1. Apacheのポート番号を変えなきゃいけない(ケースがある)。
    (参考: [xampp] Apatchが他プログラムのポートと衝突して起動できない場合の対処法 )
    .../xampp/apache/conf の httpd.conf ファイルを修正する。
    1. 57行目辺りの
      #Listen 12.34.56.78:80
      Listen 80

      #Listen 12.34.56.78:80
      Listen 81
      に変更する(81じゃなくても良い)。
      同様にして、複数個のport番号を登録出来る。 ←ドキュメントルートを複数持たせたい場合に使う (複数サイト開発する時とか)。
    2. 220行目当たりの
      ServerName localhost:80
      ServerName localhost:81
      に変更する。以後は「http://localhost:81/」でアクセスしなくちゃいけなくなる。
    3. 注意
      まだこの段階では、「http://localhost:81」などとしてアクセスできるのは、
      .../xamp/htdocs
      フォルダの中身だけです。
  2. (デフォルト以外の)ドキュメントルートを作る
    (参考: XAMPPで任意のディレクトリをバーチャルホストにする方法 )
    1. このままでは、Xamppをインストールした .../xamp/htdocs フォルダ以下しか公開フォルダに出来ません。 将来を見据えて、このフォルダ以外のフォルダをドキュメントルートにして開発が出来るようにしたい。

      .../xampp/apache/conf/extra の httpd-vhosts.conf を修正する。
      このファイルの末尾に、
      <VirtualHost *:81>
          DocumentRoot "【ここにドキュメントルートにしたいフォルダのパス】"
          ServerName localhost
      </VirtualHost>
      <Directory "【上と同じパス】">
          Options Indexes
          AllowOverride All
          Require all granted
      </Directory>
      
      を追記する。

      複数のポート番号を前ステップで準備していたら、ここで同様に追記していけばいい。

      これにて、【】内のパスをドキュメントルートに出来ました。 http://localhost:81 が、そのルートにアクセスするアドレスになります。

    2. 注意:【】内のパスには日本語・空白・各種記号は含めないで下さい。
      上記【】内のパスにそれらを含めると、例えば、そのパス配下に置いたsample.phpファイルを開いた時に
      Warning: Unknown: failed to open stream: No such file or directory in Unknown on line 0
      Fatal error: Unknown: Failed opening required '【パス】/sample.php' (include_path='...\xampp\php\PEAR') in Unknown on line 0
      という感じのエラーになってしまいます。
    3. 蛇足
  3. MySQLのPathを通す
  4. MySQLの管理者「root」のパスワード設定
    コマンドプロンプトで
    mysqladmin -u root PASSWORD 【ここにパスワード】
  5. MySQLの文字コード
    MySQLの設定ファイル \xampp\mysql\binのmy.iniファイルを修正
    myisam_sort_buffer_size = 8M
    log_error = "mysql_error.log"
    となっている所(41,42行目付近)の後ろに2行追加して、
    myisam_sort_buffer_size = 8M
    log_error = "mysql_error.log"
    character-set-server=utf8
    skip-character-set-client-handshake
    とする。
  6. PHPの設定
    1. タイムゾーン
      \xampp\phpのphp.iniファイルを修正する。
      1896行目辺りの
      date.timezone=Europe/Berlin
      #date.timezone=Europe/Berlin
      date.timezone=Asia/Tokyo
      とする。
    2. 文字コード
      同じくphp.iniファイルを修正する。
      1603行目辺りの
      ;mbstring.language = Japanese
      mbstring.language = Japanese
      とする。 (マルチバイトの言語は日本語であることになる)
  7. MySQLにパスワードを設定したけど、phpMyAdmin(http://localhost:81/phpmyadmin/)に入れるようにする
    \xampp\phpMyAdminのconfig.inc.phpファイルを修正する。
    21行目当たりの
    $cfg['Servers'][$i]['password'] = '';
    $cfg['Servers'][$i]['password'] = '【設定したパスワード】';
    とする